×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顔のたるみをとる・顔のたるみを解消・改善を応援します♪

スポンサードリンク



切らないたるみ治療(美容整形)

顔のたるみを治す美容整形について解説しています。
顔のたるみ対策に美容整形を考えている人は参考にしてくださいね。

 

ひとくちに美容整形と言っても、いろんなやり方があり、それぞれメリットデメリットがあるんです。

 

美容整形だからと言って、必ずしも切ったりするわけではなさそうです。
(あまりにもひどい場合や即効性を求める場合は切るしかなさそうですが・・・)

 

ここでは、美容整形クリニックで行われている切らない「たるみ解消法」について述べてみますね。

 

 

PRP(療法)

どうも最先端の再生医療とも書かれていますね。
PRPとは、あなたのの血小板を使用した、お顔の若返りのための再生医療・・・らしいです。
PRPを行うとおもにシワが解消するようですね。

 

さらにPRPにサーマクールやボトックスなど今まで使用されていた方法とミックスして使用することも。

 

 

ヒアルロン酸注射(注入)

言わずと知れたヒアルロン酸を注射などで注入します。
痩せてシワになっていた顔がふっくらとしてきます。
1回:1か所、3万円程度のようですね。

 

 

サーマクール

切らないたるみ対策、リフトアップとして有名になってきましたね。
高周波をお顔に当てて引き締めます。
コラーゲンもたくさん生成されだすとか。
たるみ対策でしっかり回数を受けると20万円前後するみたいです。

 

 

ボトックス

もともとはシワ治療として盛んに使用されていたボトックスですが、顔の表面に使用することで引き締め効果があります。
引き締め効果により頬が上がりハリも甦るようです。
価格は5万〜10万円程度かかるようです。

 

 

糸を入れてリフトアップ

切らないリフトアップとも宣伝されており、皮下の筋膜(SMAS層)に糸を挿入する治療法。
挿入された糸が真皮層を刺激してコラーゲン生成を活発にするんだそうです。
これにより美肌効果、たるみの引き締めや顔のこけた部分のボリュームアップなどが期待できるようです。
クリニックにより呼び方が異なり、挿入される糸にも種類があるようです。
価格は糸を入れる本数にもよりますが5〜30万円くらいのようですね。

 

 

自分自身の細胞(脂肪組織由来幹細胞)を注入

あなた自身の細胞を注入するのでとっても安全。
あなたの脂肪細胞から抽出した幹細胞を濃縮した脂肪と共に、顔やシワやくぼみに注入していくのだとか。
脂肪だけ注入するより定着率が高いそう。

⇒管理人おすすめの顔のたるみが解消するエステサロンはこちら

スポンサードリンク



顔のたるみ 美容整形で採られている方法は?関連エントリー

切って治すたるみ解消
顔のたるみをとる方法は?顔のたるみ解消・改善サイトは、アラフォー世代の管理人が顔のたるみについて調べたり、解消法をためして見て紹介しています。
美容整形はいくらくらい?
顔のたるみをとる方法は?顔のたるみ解消・改善サイトは、アラフォー世代の管理人が顔のたるみについて調べたり、解消法をためして見て紹介しています。

ためしてガッテンで紹介♪顔のたるみを取るリンパマッサージ ためしてガッテンで紹介♪まぶたのたるみ